krt_w's sandbox!


rating: 0+x

SCP-1314-JP - "誤"過窓櫺 / Why Their Tail Didn't Pass the Window

Wu Zu asked: A buffalo passed by a window. Their head, horns, body, and four legs have passed, however, their tail didn't. Why?

Item #: SCP-1314-JP
アイテム番号: SCP-1314-JP

Object Class: Safe
オブジェクトクラス: Safe

Special Containment Procedures: SCP-1314-JP is to be kept in the Low-risk Large Object Containment Chamber in Site-8165. Personnel are not to open SCP-1314-JP unless the investigation is approved and observed by the Chief Researcher.
特別収容プロトコル: SCP-1314-JPはサイト-8165の低脅威度大型オブジェクト収容庫に収容されています。研究主任の許可・監督のもと実施される実験外でSCP-1314-JPを開放しないでください。

Description: SCP-1314-JP is a designation for a pair of double-sliding bay windows and a sash into which the windows are framed. SCP-1314-JP's anomalous property manifests when the sash is passed through by a human. The human who passed through SCP-1314-JP (hereafter, the subject) experiences disappearance of some bodily organ. No definite patterns relating to which organ disappears have been discovered. The subject fails to realize the disappearance correctly, due to some effect which is considered to be alteration of memory or pollution of cognition.

説明: SCP-1314-JPは引違い型の出窓およびそれがはめ込まれている窓枠です。SCP-1314-JPの異常な性質は、その窓枠をヒトが通り抜けたときに発生します。通過したヒト(以下、被験者)は、その身体から何らかの器官が消失します。消失する器官に明確な法則性は見出されていません。被験者は記憶改変または認識汚染と見られる作用によりこの消失現象を正常に認識しません。また、明らかに生理機能または生命維持、あるいはその両方に支障を生じるような器官が消失した場合でも、被験者は問題なく生存します。

SCP-1314-JPは、兵庫県██市の民家に窃盗目的で侵入した民間人A氏が、「異常な身体的特徴を有する家人が住む家に侵入してしまった」と電話による自首を行ったことにより、警察に潜入していたエージェントが覚知しました。A氏は現場に急行した機動部隊隊員らに著しい恐慌を示し、危害を加えようとしたため制圧されました。このときA氏はすでにSCP-1314-JPの影響で記憶改変または認識汚染を受けていたと見られています。即時に行われた簡易インタビューにより、異常発現のトリガーがA氏が同民家への侵入に用いた窓であることが強く疑われ、SCP-1314-JPの確保に至りました。一連のエピソードの詳細は事案記録 1314-A1を参照してください。

以下はDクラス職員を起用してのSCP-1314-JP実験結果の抜粋です。実験記録の完全なリストは第3記録保管庫S1区画 C-201棚に格納されています。

実験1
被験者: D-81131401
結果: 両第1指が消失。
付記: 被験者はSCP-1314-JPの通り抜けを行った後、実験担当者らの手を指して「指の数が一本多い」と発言。担当者は多指症ではなく、オブジェクトの影響により記憶か認識のいずれかに異常を来たしていると推測された。このとき、被験者には軽度の混乱と動揺が見て取れた。このような現象は程度の差はあれ他の全ての実験においても見られている。外見上および画像診断上のいずれにおいても指の本数を除いて健全であった。明らかに物体の把持に支障を来たす構造であるにも関わらず、不自由の訴えはなかった。

実験2
被験者: D-81131401
結果: 上・下顎第4大臼歯が消失。
付記: 当初は何も起こらなかったと見られたが、包括的な検査により上記の消失が判明。この結果を受け、消失現象の瞬間を捉えるための観測機材を追加導入することが決定された。被験者からは、未萌出の歯や抜去した歯はないとの証言を得ている。実験1と同様に、上顎骨および下顎骨の骨格も一見して違和感がない構造に改変されており、歯の喪失後に本来見られるべき歯槽骨・歯肉の空洞も確認できなかった。

考察: どの例においても、器官の消失は一切の痕跡を残さずに生じている。今後もこのプロセスを記録する試みを継続し、メカニズムの分析・解明を目指す。また、消失する器官に何らかの法則性がないかの議論を深めるとともに、その予測や制御を行う手段を模索するものとする。

実験3
blue|被験者: D-81131401##
結果: 眼球1個が消失。
付記: 上記に伴い、眉、瞼、眼窩、視神経等、眼球に関連する器官も形跡を残さず消失した。特筆すべき事に、視野の縮小の訴えはなかった。また、被験者が実験担当者らの姿を見たときの動揺が特に大きかったうちの一回であり、意思疎通に困難を来たすほどであった。

実験4
被験者: D-81131401
結果: 上肢1対が消失。
付記: 特筆すべき事項なし。影響が骨格等にまで及んだ点もこれまでと同様であった。運動器の大幅な欠損にも関わらず、不自由の訴えはない。「自分の身体は最初からこの通りであり、実験担当者らが変異している」との旨の主張を変わらず行っている。

考察: 実験1においても見られたことだが、運動器系の消失が起こっても不自由が生じたという主張はなく、あたかも最初からそのような体であったかのように振る舞う。現在までに得られた知見からはその理由を説明することはできない。これまでのサンプルの分析とともに、新たなサンプルを得るための継続的な実験が急務である。

実験5
被験者: D-81131401
結果: 第2胃および膴臓が消失。
付記: これにより、被験者の消化器系は大幅に簡略化された。消化機能への影響を調査するために食品を摂食させたが、その内いくつかはこれを「人間が食べる物ではない」として拒否。後に行われた検査により、消失した消化器が担っていた栄養素の消化・吸収が不可能になっていることが確認された。この結果は、器官の消失により身体機能に影響が生じたという点で、これまでの実験結果とは大きく異なる。ただし、健康状態に栄養失調の兆候等の影響は見られない。

実験6
被験者: D-81131401
結果: 触腕の全数が消失。
付記: 下肢のみで不自由なく歩行を行った。どのようにしてバランスを保っているのか、被験者は説明できなかった。

考察: 実験5の結果を見るに、単に器官が消失するだけでなく、消失した器官がなくても健康を維持できるように代謝などの生理機能にまで異常が及んでいるようである。まるで、最初からそのような体であったかのように見える。これにより被験者が消失を認識することを妨げられていると仮定すれば、認識自体には異常はなく、むしろ記憶改変的な側面が強いと予測できる。「認識できない」ことの原因を究明する必要がある。

X-ray_of_Hand.jpg

##blue

X-ray_of_Shoulder.jpg

##blue

SCP-233-JP - 押入れの冒険 / Adventures in the Closet

http://ja.scp-wiki.net/scp-233-jp

rating: 0+x

Item #: SCP-233-JP

Object Class: Euclid

Special Containment Procedure: Site-8136, in which SCP-233-JP is located, is to be disguised as an office building of Foundation front companies to prevent neighbors from invasion and attention. Doors of SCP-233-JP (hereafter SCP-233-JP-1) have been removed and stored in the Standard Containment Chamber in Site-8181. No experiments with SCP-233-JP is to be allowed at present, except with permission of O5 Personnel.
特別収容プロトコル: SCP-233-JPが存在するサイト-8136は財団フロント企業のオフィスビルとして外見を偽装し、近隣住民の侵入と注意を引くことを防止してください。SCP-233-JPの扉(以下SCP-233-JP-1)は取り外され、サイト-8181の標準的収容室に保管されています。現在SCP-233-JPを用いた実験はO5職員の許可がない限り禁止されています。

Description: SCP-233-JP is a closet approximately 0.83 m2 in area, at a private house (former Saiga Residence) assigned as Site-8136, in ████████ City, ████████ Prefecture, Japan. When living thing enters into SCP-233-JP and SCP-233-JP-1 is closed behind them, metallic door (hereafter SCP-233-JP-2) appears on the wall of SCP-233-JP. The outside of SCP-233-JP-2 is connected to another dimension (hereafter SCP-233-JP-A) which differs from the present one (hereafter the Basis Dimension). Coordinates of the destinations change at random within Kanto Region of Japan in SCP-233-JP-A, with trend to be in "dark, narrow, and hideaway place".
説明: SCP-233-JPはサイト-8136に指定された████県████市の民家(旧犀賀さいが邸)内の和室に存在する、面積半畳の押入れです。SCP-233-JP内に生物が入り、SCP-233-JP-1を閉めると、SCP-233-JP内の壁面に金属製の扉(以下SCP-233-JP-2)が出現します。SCP-233-JP-2の外は、通常の次元(以下基底次元)とは異なる次元(以下SCP-233-JP-A)に接続されます。接続先の座標は「SCP-233-JP-A内に存在する日本の関東圏」の範囲でランダムに変化しますが、「暗く、狭く、人目につかない場所」である傾向があります。

When SCP-233-JP-1 is opened, SCP-233-JP-2 disappears immediately, and objects passing it is bisected by the wall of SCP-233-JP. When SCP-233-JP-1 is opend from the inside, SCP-233-JP-2 in SCP-233-JP-A doesn't move, and personnel are able to return to the Basis Dimension via SCP-233-JP. However, if SCP-233-JP-1 is opened from the outside, location of SCP-233-JP-2 in SCP-233-JP-A moves to random coordinate, making difficult to return for personnel who entered.
SCP-233-JP-1を開けると、SCP-233-JP-2は瞬時に消失し、SCP-233-JP-2を通過中の物体はSCP-233-JPの壁面で切断されます。SCP-233-JP-1を内側から開けた場合、SCP-233-JP-A内のSCP-233-JP-2の位置は移動せず、進入した人員はSCP-233-JPを通じて基底次元に帰還することが可能です。しかしSCP-233-JP-1を外側から開けた場合、SCP-233-JP-A内のSCP-233-JP-2の位置はランダムな座標に移動するため、進入した人員の帰還は困難になります。

Though geography and cultures are remarkably similar to ones of the Basis Dimension, evidences of massive destruction by unidentified occasion can be observed. Japanese nationals in SCP-233-JP-A are put under a wartime martial law like WW2 by "the Temporary Government", (Valid government of Japan has ceased its functions.) and people all over the world have been led to the similar situations. It is considered that population has been greatly decreased, and the Foundation contacted with normal mankind in only █ cases. Besides, contact with "the Temporary Government" has been unsuccessful.
SCP-233-JP-A内の地理および文化は基底次元に酷似していますが、何らかの要因により大規模な破壊が行われた痕跡が認められます。SCP-233-JP-A内の日本国民は「臨時政府」(本来の日本政府は機能を停止しています)により、戦時中の戒厳令下に似た状況に置かれおり、SCP-233-JP-A内の世界各国で同様の状況が発生しています。人口は大幅に減少したものとみられ、SCP-233-JP-A内で正常な人類と接触できたケースは█例のみです。なお「臨時政府」との接触は成功していません。

Furthermore, there are some endemic species (hereafter SCP-233-JP-3) that don't exist in the Basis Dimension. Instances of SCP-233-JP-3 measure 8 m long, have subdued flesh color bodies, and are similar to reptile in morphology. They walk on two legs, and hostile against mankind. Usual firearms are effective to kill SCP-233-JP-3, but their bodies are so tough as to tend to cause significant damages; it is to be made principle to avoid combat. Instances of SCP-233-JP-3 are unable to open any doors, or use devices or tools since they are incapacious, but their sensitive organs are so developed as to complicate getaway; personnel are to avert them carefully when encountered.
またSCP-233-JP-A内には基底次元には存在しない現地生物が存在します(以下SCP-233-JP-3と呼称)。SCP-233-JP-3は全長8m程度(個体差あり)で全身がくすんだ肌色をしており、両生類に似た形態をしています。2足歩行で活動し、人類に対して非常に敵対的です。通常の銃器で殺害することができますが、肉体は強靭であり無力化までに甚大な被害がでることが多いため、原則として交戦は避けてください。知能は低いためドアを開ける、道具を使うといったことはできませんが、感覚器官が発達しているため逃走は困難になりがちであり、発見時は十分に注意して回避してください。

Inhabitants of the former Saiga Residence have not been confirmed in public records since 19██; they are regarded as the missing. Though neighbor residents also have not seen them for the same period, management of the residence has been entrusted up-front to a civil property management service company, a security company, and a homemaker service company until 20██, keeping the former Saiga Residence as it was at the time. After 19██,

旧犀賀邸の住民は、公的な記録では19██年以降の活動が確認されておらず、行方不明になっているものと思われます。近隣住民からも同様の期間目撃されていませんが、民間の不動産管理業務委託会社、警備会社、家事代行企業に20██年までの管理が前金で委託されていたため、旧犀賀邸は当時の姿を保っています。19██年以降、地元の子供が「探検」と称して侵入し、行方不明になった事件が3件起こったことで、財団の注意を引きました。その後、関連企業を財団フロント企業が買収することで、旧犀賀邸は財団の管理下となりました。

事件233-JP-Kの発生まで、SCP-233-JPを用いた実験はサイト管理者の許可制でした。事件233-JP-K発生後、原則として実験は禁止され、O5職員の許可制となりました。

旧犀賀邸から発見されたメモ:

私は失敗した。あの畜生どもから守ることができなかった。すまない。私は救えなかった。あとは[以下判読不能]

+ 探索記録233-JP-06 アクセス拒否



Translation JP -> EN

Canons

Tales

Translation EN -> JP

SCPs

Tales

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License